シエ・ビンジェン 謝 炳鑑
Xie Bing Jian

中国4千年の健康の知恵から、老若男女問わず誰でも簡単にできる健康体操を創作し、
BS-TBSにて7年間レギュラーを務めた「おはよう健康体操」で人気を博す。
お金、精神、健康のすべてを手に入れた『東洋一の最も富裕な経営者』として異名を持つ。
現在では「人類120歳プログラム」を開発し、人の健康をサポートしている。

幼少時代は病弱であったが、兄の影響で武術をはじめる。
しかし、兄が20代で他界、その後父が50代で他界し、続けて祖母が70代で他界。三世代の逆流の「死」を経験し、「生と死」について考え続ける。
33歳のときに、番組出演等での無理が原因で全身がボロボロになり、動かない身体でじっと天井を見つめていた時、静けさの中で天からのメッセージを受け、修行の道に入る。

中国伝統武術の鍛錬法を基として、独自の健康法を提唱・指導を行う。
BS-TBS 「おはよう健康体操」7年間レギュラー出演。
体操は中国古来の伝統的な鍛錬法を基礎とし、本格的で奥深い半面、
「正しく」より「楽しい」ことが大事であると、細かい動きや呼吸法の話を
ほとんどしない。変わりに、十二の体操は人生を表現しており、
自分の人生を表現するかのように感情やイメージを大事にしながら体操をすることで、も身体も元気になれる体操と評判を博している。
「みんなの相談室」では視聴者からの質問に対し、独創的な回答をすることで、全国で
開催する個展にも相談者があとを絶えない。
「今日の一言」は、ティッシュペーパーにその一瞬で閃いた一言を書き記しその
解説をする。33歳で修行の道に入り、来年60歳を迎えようとする今、「人類120歳プログラム」を完成。
「真・善・美」「地・水・火・風」などの独自の理論で、「人類の模範となる肉体」を目指し日々奮闘中。
書道、絵画、音楽でも独自の世界を展開。
「生きる力」を表現した太陽の絵が代表作品。
「生命が湧き上がってくるような動く絵」であると言われており、見る者に感動と勇気を与えている。

補足:
2011(平成23年)年10月~2018年(平成30年)9月まで
BS-TBS 「おはよう健康体操」 放送

本番組の全ての収録は、千葉県匝瑳市にある築180年の古民家を自ら改造した謝の美術館である「楽心風水館」にて行われた。
7年間に、全国で全33回の個展を開催。
平成26年10月 自社ビル「銀座楽心ビル」を銀座3丁目にオープン。

母親の健康を願い考案した「楽心球(旧養命球)」は、販売数8万個を突破(販売開始後全モデル合計)