大森 茂  様(おおもり しげる)67歳 広島県

シエ・ビンジェン先生は自然(=天)の道を歩む人であり、自然の使者です。シエ先生は「人生は本来、楽しいものです。」と言われます。この120歳プログラムは120歳の楽しい人生を目指すプログラムです。
120歳プログラム参加する前は、家庭面では、私は 「思い通りに生きてきた母」と同居し、息子である私が、一人で母のお世話をしていました。しかし、母に喜んでもらえるようなお世話ができずに 毎日悩んでいました。
健康面では、毎朝スッキリ起きられず 不安を持っていました。
趣味の面では、自分の歌をCDにしたり、仲の良い同級生とお茶を飲んだり、カラオケをしたりしていましたが、いつも不安がありました。
ご縁があって120歳プログラムを知り、参加することに決意しました。
シエ先生の指導は健康、食事、運動、趣味などあらゆる方面にわたります。
どれ一つ欠けてもうまくいかないとのことです。また先生の言葉によれば いくら良いことでも、過ぎれば害になるとのことです。そして人も車も同じで、毎日のケアーすることの大切さを学びました。また人は失敗したり、間違えたりして進化するので、過去のことの善悪をいう人は自然のルールに違反しているとのことです。このようにシエ先生はあらゆる面で指導をされます。120歳プログラムはシエ先生がその人と会い、その人を見て、その人に合ったアドバイスをする直接指導が基本です。
私が120歳プログラムに参加してからは不安が消え、いつの間にか安心感と自信を持つことが出来るようになりました。
120歳プログラムで月に一度先生にお会いすることが出来ます。自分の周りで不安なことが起きても、その時に先生に相談することができます。緊急を要する時は先生にお電話で相談できますので、安心です。
いろいろなことが学べる120歳プログラムは、67歳の私にとって 学びの場であり、楽しみの場です。これからの人生が益々楽しみです。

品川 邦子 様(しながわ くにこ)68歳

人類120歳プログラムに入る前に求めていたもの
それは「自由」でした。
定年後は興味あるものにチャレンジし、体験して実行、生涯命の続いているその日まで、生き生きと自由に生きたいと考えていました。
「自由に」とは自分の思うとおりに動けること、つまり「健康」であることです。
長いようで短い人生、あっという間に68年の歳月が過ぎました。
身体の衰えを感じざるを得ない現実、視力の衰えでしみやしわは、ぼやけて見える利点はありますが・・・
「自由を得たい」そんな時に出会ったのが「おはよう健康体操」です。
12の体操とその意味、生き方について、本当に興味深い内容です。
たまたま仕事が休みの朝にテレビをつけたところ、ラッキーなことに番組に出会えたのです。求めていたものが目の前に。本当に驚きでした。
この歳になって、言動所作について、何か言ってくれたり教えてくれる人は誰もいません。ところが、この番組で「自分の生き方はこれで良いのか、方向性はどうなのか確認ができます。とてもありがたい気持ちです。
そんな中、人類120歳プログラムに参加する機会に恵まれました。
先生、スタッフの皆様と活動をともにできて、ご縁を感じ、さらに先生の教えが身近なものとなりました。体調を崩した時には、遠いところ3時間かけてお見舞いに来てくださり、元気付けてくださいました。
元気百倍、勇気百倍で、心より感謝しております。
今、実行していることは自分の足固めです。
どんな夢や希望を叶えようと努力しても、自分の足元の基礎固めができていないと、
その努力は実らない、実現できないとの教えで、先ず自分の足元固めから始めようと思いました。目の前のやるべきことを後回しにすることが多々ありましたが、そのどうに時間を使えば良いのか時間配分を考えて行動するようになり、心にひっかかることがなくなり、スムーズに次に進むことができるので日常生活が楽しくなりました。

さらに続けていること。
健康体操の後に、1杯の白湯を飲む。
朝、おかゆを頂く。温かく身体に浸み渡るのでホッとします。
この2つは朝の定番です。
1日一回は空を眺めています。心が無限に広がり爽やかです。

68歳から本当のスタート。これから50年信じて歩み、生涯かけてその奥深い
内容が少しでも我がものとなるように探求し、精一杯身につけていきます。
「広がる未知の世界」にわくわくします。
先生について行きますので、これからも教えを賜りますよう、よろしくお願い致します。